賃貸経営収益アップtopへ
お得な情報満載コラム 投稿日:2017年8月21日
8.「不動産管理は管理会社に依頼?それとも自主管理?」 不動産画像

不動産管理を管理会社に任せるか自主管理をするのかは、賃貸オーナーさんにとっては非常に悩むところでしょう。
収益改善のためにも自主管理を管理を考えている賃貸オーナーさんも多いと思います。 管理会社に任せるのと自主管理をするのではどちらがいいのでしょうか?
結論からいうと、多くの場合は管理会社に任せる方がいいでしょう。
管理会社が行ってくれることは非常に多いです。 入所者への対応はもちろん、家賃の回収、入退室の立ち会い、日々の管理業務、クレームの処理、業者の手配など、自身で行うにはなかなか荷が重いことも多いです。
そして一番のメリットは、管理会社を間に入れることで入居者が安心するということです。
管理会社であれば24時間入居者の対応をしてくれます。 しかし、自主管理の場合はそうもいきません。 このことは入居者も承知しておりますので、賃貸オーナーと直接やり取りすると聞くだけで対応が遅そうと感じてしまいます。
また、家賃の支払いに関しても、自主管理の場合の多くは引き落としではなく振込みになってしまうこともあります。
入居者がわざわざ銀行振り込みをしなければならないというのは大きなデメリットでしょう。
管理会社であれば、様々な担当者がいますし、専門家であるため安心ですが、賃貸オーナーとの直接のやり取りの場合、賃貸オーナーとうまくやれるかという余計な心配も生んでしまいます。
このように、管理会社に不動産管理を任せると多くのメリットがあります。
それを家賃収入の数%で行ってもらえると考えると安い費用ではないでしょうか? 自主管理の場合、自分ではできないことも色々出てきます。 それで入居者に迷惑がかかってしまうようであれば、経費を削減できたとしても入居者が減ってしまう恐れがあります。
賃貸オーナーさんの考え方やスキルによって人それぞれではありますが、今自主管理をしている賃貸オーナーさんがいれば一度管理会社に任せることを考えてみるのもいいかもしれません。